紀州・和歌山から青梅・南高梅を生産・直売、美味い果物、柑橘、みかんを栽培農家が直送。鮮度と安心をお届けします。梅干・梅酒用・生梅の専門店。

エダマメの植え付け方法

エダマメの植え付け方法

エダマメの植え付け方法  

ポイント  

植え付け場所は、日当たりが良いこと。  

窒素肥料は控える・マメ科は全体的に肥料を控えるほうが良いとされている。  

  • マメは根に根瘤菌(こんりゅうきん)がつき、空気中の窒素分を固定化、肥料分となるため、窒素分を控えることが重要です。
  • 窒素分が多いと、葉や茎に栄養分が行き届き、実のつきが悪くなります。

畝は60冂度で、植え穴の間隔は20冂度にする。一箇所に2本植えるのも一つの方法。  

  • 画像の説明

  • 1畝に2条、千鳥に植える。
    • この時も株間は20冂度、正三角形を連続する要領で。
  • 画像の説明 株間は20冂度に
  • この時、ビニールマルチをするのも一つの方法。土の跳ね返りが防げ、病気の予防となる。
  • ポット苗を植えるときのポイントとして、苗鉢を少しだけ地面よりも上になるように植える
  • 画像の説明 ほんの少しだけ、地面よりも高めに植えつける。
    • このわけは、苗により少し沈むことがある。そうするとそこに水が溜まりやすくなり、根の発育に良くない。
    • 株が少し高いままの時は、早めに土寄せをして、株を安定させる。
    • ただ、苗が安定しないときは、植え付けのときに土を寄せておく。
  • また、ポット苗で注意が必要なのは、根が巻いてリング状になっている場合は、根を裁いてやる必要がある。人によっては、切り取って根を出させる方法を進める人もいる。
  • 画像の説明 今回の苗は少し根の張りが少ない程度で、そのまま植えられる。

本葉が4〜5枚のころ、少量の肥料を株の両側に施し、畝間を軽く耕し、土寄せをする。  

成長にあわせて、土寄せを行う。ある程度大きくなったら、トップの芽を摘んで脇芽を多く出させる方法もあります。  

葉柄の付け根に小さな花が咲き、この元の部分が膨らんで莢となります。  

収獲のタイミングは、葉がほんの少し、黄緑かがった時といわれますが、このタイミングは難しいです。  

  • 家庭菜園ならば、膨らんだ莢だけを収獲していく方法もあります。この時は、鋏で切り取るほうが、株に負担がかからないでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional