紀州・和歌山から青梅・南高梅を生産・直売、美味い果物、柑橘、みかんを栽培農家が直送。鮮度と安心をお届けします。梅干・梅酒用・生梅の専門店。

ゴキブリ駆除

ゴキブリ駆除

農薬を散布せずにゴキブリを駆除?  

安全性にすぐれた画期的な駆除剤  

  • ギョーザの話から、農薬は怖いという意識が高まっている。
    • 日本でも、ジクロルポスの使用は、認められている
    • 徳島で確認されたのは、殺虫剤として利用されたジクロルポスだった。
  • 私の友人は、ニートシステムでホテルや飲食店でゴキブリを駆除している。
    • 十数年前に、このシステムを知り、脱サラでゴキブリの駆除を続けている。
    • その仕事は、ゴキブリの生態を知ることから始まる。
    • 冬場、ゴキブリの姿を見かけないと思っていても、意外とパソコン等、OA機器の中に潜んでいるらしい。暖かいから、ちょうどよい隠れ家になるそうだ。
  • では、どうしてゴキブリを駆除できるのか?
    • 生態等、環境診断を行い、ゴキブリの出現しそうなところに、独自のクリームを施工。
    • 10日から1ケ月半で、ほぼ100%消滅するという。
    • この独自のクリーム、「08・オーパ」は、日本で初めて厚生省(現厚労省)の承認を得たゴキブリ駆除剤。
    • 化学薬品の使用を最小限に抑え、人にやさしく、環境への害も少ない安全な医薬部外品で、ゴキブリを効果的に駆除できるという。

  • 梅の栽培でも、似たような駆除方法を用いる。
    • 商品名は「スカシバコン」、コスカシバという梅にとてっては、致命傷となる虫がある。幼虫が幹の中に入って、その木を枯らすという怖い虫だ。
    • ただ、この虫の交配の時期に、フェロモン剤を木につるして、交配のタイミングをなくする方法である。
    • オスは、メスのホルモンに惑わされて、短い交配のタイミングを失い、メスは産卵できなくなるというシステムだ。

  • このように、古来から生き残っている生物、ゴキブリ、この厄介者に、知恵と工夫で対峙している友人は、今がまたビジネスチャンスという。
    • 納得するばかりであった。
    • 私もこの友人の取組に賛同し、協力することとなった。

ニートシステムへの問い合わせは?  

連絡先は0120-210-643  

フリーダイアル・ニート・ムシサンへ  

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional