紀州・和歌山から青梅・南高梅を生産・直売、美味い果物、柑橘、みかんを栽培農家が直送。鮮度と安心をお届けします。梅干・梅酒用・生梅の専門店。

トマト栽培

トマト栽培

うれる・トマトを作ろう  

ミニトマト・キャロル7の発芽  

  • 4月8日、ミニトマトが発芽、双葉が開きました。
  • 画像の説明 発芽したミニトマト
    • 無加温のため、発芽まで時間がかかりました。

トマトの種をまきました  

3月27日、3月8日に播いた種も発芽、追い上げてきました。  

  • 心配していましたが、第二段の種も発芽。
    サンセットファームのビニールハウス内で 2週間の遅れを縮めて発芽しました。

3月25日、ホーム桃太郎の発芽を確認。  

  • エダマメの鉢上げをしていると、なんと遅まきながら、トマトの発芽を確認。
  • 1本だけだか、すーと2センチ近く伸びている。先端に種の殻がついているので、間違いない。
    サンセットファームの重点作物・トマト トマトの発芽
    • 発芽まで、一ヶ月、少し長い期間がかかった。
    • 来年からは、苗床の置き場と、電熱線の活用が必要だろう。
  • 3月18日、ミニトマトの播種。キャロル7を選びました。
  • 3月8日、残りの種を播きました。
    • 発芽温度に対して、ハウス内の温度が低いので、発芽まで時間がかかりそう。
  • 2月21日、第一回目のトマトの種まき
    • 今日は暖かくなると判断し、トマトの種をまきました
    • 種袋の裏書では、「発芽適温=20℃〜30℃」と表記されています。
    • 無加温のハウスの中で発芽するか、試しに30粒程度播種しました。
    • トマトの種は、タマネギやニンジン等に比べ、種の寿命は長いそうです。
    • たしか、種の寿命は3〜4年と教えられました。
    • 1シーズンなら、なんら問題はないと想い、思いきって播種します。
    • エダマメと同時です。
    • 撒いた品種は、タキイ交配の「ホーム桃太郎」
    • 手軽に作れるということで、挑戦しました。
    • 桃太郎の場合、よくホームセンター等で売られている苗を購入していましたが、ここはセミプロとして、播種から挑戦です。

うれる・トマトとは?  

  • 販売することができるトマトと、よく熟したトマトを掛け合わせました。(言葉遊びです)
    • 桃太郎は糖度が高く、家庭菜園でも安定した品質で収獲できるとあります。
    • うまく作れなかったら、腕が悪いのです。
    • 今年は、新たに開墾した畑で栽培しようと考えています。
    • 新開地ならば、接木苗でなくても大丈夫と過信しています。
  • セルトレイで育苗して、露地で雨よけを考えて作りたい
    • 発芽率は85%となっているので、うまくすれば、25本程度の苗が出来る計算になります。
    • 苗の心配よりも、畑の準備が遅れています
    • 六代目の教えから、山畑で作るトマトは美味しい
    • 今年の目標はとして、水に沈むトマトを作りたいと考えています。
  • 表して「おもいトマト」、略して「オモトマ」を目指します。
    • お求めは、「オモトマですか?これが今年のキャッチコピーとして使われることを期待しています。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional