紀州・和歌山から青梅・南高梅を生産・直売、美味い果物、柑橘、みかんを栽培農家が直送。鮮度と安心をお届けします。梅干・梅酒用・生梅の専門店。

草取り物語

草取り物語

雑草という名の植物はないが、・・・・  

農業は、「草取りが仕事」ということを実感している。  

この大変な作業を軽減できる方法はないかという取り組みを紹介  


地域の人と、川の護岸でシバザクラを咲かせています。  

シバザクラの花 御坊市の明神川で


3年目の花は大きくなり、縞模様も鮮やか 3年目のシバザクラは、50僂鯆兇┐覲瑤棒長。

防草シートの活用例として、三年前から取り組んでいる明神川のシバザクラ植栽。  

防草シートの中でも比較的安価な「草取物語」を使用し、効果を発揮。  

  • 定価は280円/屬世、メーカーの協力で、少し安くなっている。
  • 他には、止めピントと干ばつ対策としてのギガスポラ菌の微生物緑化資材を使用。
  • 一昨年の猛暑にもシバザクラは耐え、昨年に続き、きれいな花を咲かせようとしている。
  • 何よりも、防草シートの使用で、雑草の管理が楽になったことが大きい。
  • 匍匐性のシバザクラであるが、草丈が低いため、ほかの植物との競合に対して、高さで負けてしまい。雑草の管理が大切となる。
  • 防草シートを使用することで、植穴を中心に雑草の管理をすれば、作業は9割以上軽減される。他の雑草が少なくなれば、養分を独り占めしたシバザクラの生育は順調で、1年でその株は50冂度になる。
  • 1屬△燭4株で、2年後には、シバザクラの絨毯ができる勢いである。
  • 防草シートを使用せず、露地に直接、植栽した場合、30儡岾屬某∈呂靴燭箸靴討癲↓屬△燭11株は必要となる。
  • その差の7株のシバザクラの苗代と比較すれば、1株100円としても十分なコスト削減につながり、維持管理も楽ということで、植栽面積を増やしてくれている。
  • 見ごろは、4月に入れば、その名の通り、サクラの花と見ごろの競演となる。
  • なお、写真の個所は、昨年植栽した南東斜面に面しているため、3月中旬から、開花が始まった。
  • 対岸の部分や、少し離れは面積の広い個所は、4月中旬が見ごろで、種類もダニエルクッションとモンブランだけでなく、ほかに数種類植栽している。

除草剤をすべて否定するわけではないが、・・・  

  • 植物を育て、その実りを頂く農業でありながら、自分たちに必要ないからと、同じ植物を枯らすことに抵抗がある。
  • 必然的に、除草作業が必要となり、いつしか、それがメインの仕事になりつつある。
  • そんな時に、マルチング資材で、インド袋と同じ素材のものが、一時流行した。
  • ただ、その素材は、分解が早く、除草効果は長く続かなかった。
  • 月に一度は、除草が必要となり、一カ月もすると、次の草が繁茂というイタチゴッコであった。
  • そんな時に、公共工事で使用されている、「防草シート」に出会った。
  • この防草シートを農業にいかせないかという取り組みをこの春から始めた。
  • まずは、「防草シート」とはなにか。50歳の手習いでスタートした。

ネティス登録のあるシート  

  • 「ネティス」一般にはあまり知られていないが、以前、建設コンサルタントで働いていた時に、否が応でも耳にした言葉だ。
  • 例えば、道路の設計をした時に、技術の進歩が著しい中、新しい技術を採用するほうが、コストを抑えられたり、景観が良くなったり、施工期間が短くなったりするケースが多い。
  • そこで国は、「計画段階や施工段階で、新技術の適用を検討しないさい」ということになる。
  • 各メーカーや施工業者が、新技術を提案。その技術を紹介しているのが、ネティス登録商品や工法となる。
  • そんな新しい工法の中から、これはというものは、特に取り上げられ、積極的に導入され、やがては標準的な工法となり、建設コストを抑えながら、社会資本を整備していこうというものである。
  • 残念ながら、「ネティス」という言葉に苦しめられてきたため、すごいもんだというイメージしかなかった。
  • そんな中、ある「防草シート」が、そのネティス登録の中で、設計比較対象技術となっているという。
  • 設計比較対象技術とは、ある工事をする時に、「この工法と比較して、みてはどうですか。この工法は比較的優れているので、この工法よりも良い場合以外は・・・」ということであろう。
  • ネティスの登録番号の末尾に、通常の登録の場合は、アプリケーションの「A」であるのに対して、バリューの「V」がついてある。
  • 奈何せん、庶民の私としては、このバリューという響きに弱い。
  • 国が新技術の登録に、バリューの「V」マークを付けているのだがら、ついつい信用してしまい、そのシートにほれ込んでしまったというのが、今回のスタートである。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional