紀州・和歌山から青梅・南高梅を生産・直売、美味い果物、柑橘、みかんを栽培農家が直送。鮮度と安心をお届けします。梅干・梅酒用・生梅の専門店。

WE体験記1

WE体験記1

ウイークエンド農業塾 環境保全型農業コース(第2班)  

この研修は、和歌山県の就農支援センターが主催しているもので、平成19年度の2回目、冬のコースである。  

  • スタートは平成20年1月12日。全12回のコース
    • 隔週の土日に開催、月4日で、合計12回となる。


      県の就農支援センター・御坊市研修館は隣接し、圃場は暖地園芸センターの施設に隣りあわせ。



ウィークエンド農業塾に参加して  


1月12日 開校日、向井所長のあいさつと、  

    「和歌山県農業の概要」についての講義、  

    午後からは実習  




和歌山県農業の概況(平成18年)  

  • 農家数       36,571(戸) 
  • 耕地面積       36,800(ha)
  • 農業産出額      1,094(億円)
  • 果樹に特化        672(億円)
  • 主要農産物  全国シェア 1位 うめ、かき、はっさく、さやえんどう

                  2位 みかん、すもも、いちじく、いよかん

                  3位 もも、キウイフルーツ、ししとう

 環境保全型農業のイメージ  

  • 取組実績  全体を慣行農業とした場合、
    環境に配慮した農業はその45%程度の人が意識しているという。
  • さらに「エコファーマー」にあたる持続農業≒肥料農薬を30%程度へらすの割合は、5.8%。
  • 慣行農業より、肥料・農薬を半分以下に抑える特別栽培を行っている農家は約3.0%
  • 有機農業(有機農産物)、化学肥料・農薬は不使用は0.4%という

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional